2018年ハウスメーカーランキングとハウスメーカーの選び方

★ハウスメーカーは比較して決める

 

 

注文住宅を取り扱う会社はたくさんありますが、その中からどうやって依頼先を選べば良いのでしょうか?
ほとんどの人にとって家づくりは未経験。相場もどんな機能があるのかも分かりません。そんな状態から失敗せずに良いマイホームを手に入れるためにはどんなことをしたら良いのでしょうか?

 

◯複数のメーカーを効率的に比較
家づくりを成功させるための最も良い方法は、複数のハウスメーカーを比較してみることです。
いろいろな会社を比べれば、住宅のトレンドや最新の技術、価格の目安や平均的な設備のグレードをつかむことができます。

 

1、2社から話を聞いて、そこから依頼先を決めるのはNGです。安い方を選んだつもりでも、相場からすればまだ高いかもしれません。その2社にはないもっと良い機能を備えた住宅を販売しているハウスメーカーがある可能性もあります。
最低でも5社以上、できれば6、7社について一通りの情報を集めておきたいところです。

 

最初の進め方としては、ハウスメーカーのホームページやパンフレットなどを見て、家の雰囲気や価格帯、そのメーカーにしかない特徴などについて調べていくのが良いでしょう。
ただ、いくつもの会社について情報を集めるのは想像以上に大変です。

 

そんな時に便利なのが、カタログの一括請求サービスです。
一度送付先を入力するだけで、まとめて資料請求ができます。いちいちショウルームを訪れたり、ハウスメーカーのホームページから資料請求したりする必要はありません。

 

住宅に関する一括請求サービスはいくつかありますが、今回はLIFULL HOME’Sを紹介します。
LIFULL HOME’Sは不動産情報サイトのHOME’Sが運営しているサービスで、希望している住宅のテーマにあわせたハウスメーカーを教えてもらえます。資料請求にかかる費用は無料です。
登録されている住宅会社はすべてHOME’Sの審査を通過したものです。質の低い業者はあらかじめ取り除かれているので安心です。

 

出典:ハウスメーカーランキング

 

★ハウスメーカー選ぶメリット・デメリット

 

注文住宅づくりをお願いする先としては、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などが考えられます。その中で多くの人に選ばれているのがハウスメーカーです。
では、ハウスメーカーにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

 

◯ハウスメーカーのメリット
●品質が安定している
ハウスメーカーの住宅は多くの場合、工場で住宅のパーツを生産し、現場で組み立てるという方法で建てられています。
工場で柱や梁などを加工することもあれば、箱状の部屋を工場で組み立てて、現場で組み合わせるという方法をとっているハウスメーカーもあります。
規模の小さい工務店では、このような工場を活用した進め方はなかなか導入できません。

 

工場での一括生産により品質管理が行き届くため、一定以上の品質が確保されます。現場での作業が減るため、現場で建築に関わる人の腕に質が左右されることもありません。
また、現場での加工を減らすことで、家の内部や建材が雨風にさらされることも少なくなります。

 

●工期が短い
ハウスメーカーによって差はありますが、工務店に比べ後期は短い傾向にあります。

 

まず、ハウスメーカーの住宅は工事のマニュアル化が進んでいるため、効率的に建築を進められるようになっています。先程述べたように事前に工場である程度つくっておくことも、工期の短縮につながっています。

 

工期の短縮は人件費の削減につながるだけでなく、新居に引っ越すまでの家賃を節約することも可能にします。

 

●倒産する可能性が低い
会社の規模が大きくなればなるほど倒産する可能性は低くなります。もちろん完全にゼロではありませんが、街の小さな工務店よりも倒産リスクが小さいのは事実です。

 

倒産リスクが低いことによるメリットは次の2つです。
・建築途中で放棄される可能性が低い
・長期の保証が期待できる

 

もし家を建てている途中に住宅会社が倒産してしまったら大変です。ハウスメーカーならば、そうした心配をせずに済みます。
ただし、中小規模の業者に依頼する「完成保証」のある業者に依頼すれば同じように建築途中の倒産を恐れる必要はなくなります。

 

また、長期的なアフターサービスや保証が用意されていても、途中で会社がなくなってしまえばそうしたサービスもなくなってしまいます。
家を建てるまでだけでなく、引っ越した後のことを考えてもハウスメーカーは安心です。

 

●アフターサポートが手厚い
住宅を長持ちさせるためには適切なメンテナンスが必要です。

 

どんなに上部で綺麗な新築住宅でも、時間が経てば劣化します。紫外線や雨風にさらされる外壁や屋根は長期間建つとひび割れたり、効果が落ちたりします。これを放置してしまうと、雨漏りやシロアリの原因になります。こうした自体を防ぐには、早めの点検と補修が必要です。

 

劣化のスピードを抑え、長く暗線で快適に過ごすためには定期点検がかかせません。
大手ハウスメーカーの保証やサポートは20年や30年などの長期のものが多いです。定期的に点検を実施してくれるだけでなく、修理が必要となった際の手配も行ってくれます。

 

工務店など規模の小さい会社の保証は短いものが多く、何十年と続くようなものは期待できません。

 

●住宅ローンの審査で有利になりやすい
ほとんどの人が現金ではなく住宅ローンで家を建てます。そのため、住宅ローンが組めるかどうかが分かれ道になります。

 

一般的に、大手ハウスメーカーで建てた方がローンの審査で有利だとされています。
審査では本人の属性と物件の資産価値によって可否を決定します。ハウスメーカーの住宅は信頼があるため査定が高く、審査で有利になります。
また、ハウスメーカーの中には銀行と提携し、低い金利でローンが組めるようにしている場合もあります。

 

ただ、工務店でも地元で長く家を建てている業者であれば、地元の銀行との縁も深く、ローンを組みやすい場合もあります。

 

●住宅のイメージをつかみやすい
注文住宅は一点物のオーダーメイド商品です。
自分好みの家を建てられるのは魅力ですが、完成するまで建物のイメージがつかみにくいという問題があります。

 

ハウスメーカーの場合、実際の建物を確認できる機会が多く、完成後を想像しやすいです。
住宅展示場のモデルハウスを見学すれば、そのハウスメーカーの住宅の雰囲気を知ることができます。モデルハウスの建設や維持には多額の費用がかかるため、工務店が住宅展示場に出店するのは難しいです。
その他にも完成した住宅を見学できる見学会などのイベントも頻繁に開いています。
見学会以外でも、町中で見かける機会も多く、いろいろな場で実際の建物を見ることができます。

 

◯ハウスメーカーのデメリット
●自由度が低くなりやすい
注文住宅と言うとなんでも自由に決められるイメージがりますが、ハウスメーカーの場合費用との兼ね合いで実質的な自由度が低くなってしまうことが多いです。
工場であらかじめ家のパーツを作成し現場に持ち込む方法は、品質の向上や工期短縮につながる一方で規格外の工事が難しくなったり割高になったりしてしまう原因にもなります。
仕様外・規格外のものは断られてしまったり、高くなってしまったりすることになります。
どうしても使いたい設備や仕様がある場合は、事前にそのハウスメーカーが対応しているかどうか確認しましょう。

 

変わった家や個性的な住宅をつくりたいという場合は、ハウスメーカーよりも設計事務所や工務店に依頼するのがおすすめです。

 

 

●値段が高い
同じような家を建てるなら工務店の方が安くなります。
ハウスメーカーの住宅価格には、下請けに払うマージンや広告宣伝費、営業費用、手厚いサポートのための費用なども含まれているためです。

 

ただ、これは同じような家と建てた時の話で、工務店だから必ず安くなるとは限りません。高級路線の工務店もあれば、手の届きやすい価格で住宅を提供することを大切にしている工務店もあります。

 

また、ハウスメーカーでもローコスト住宅を扱っている場合は別です。ローコスト住宅ではハウスメーカーの規模を活かしつつシンプルな住宅にすることで、低価格を実現しています。

 

 

●予算が膨らみやすい
ハウスメーカーで家を建てる時に一番注意しておきたいのが予算です。

 

まずは標準仕様でプラント見積もりを作成し、そこから変更やオプションを加えていくという進め方をする場合が多いのですが、変更やオプションを加えるほど価格は上がります。
わざわざ注文住宅を建てる以上標準仕様のままで家を建てる人はいないでしょうから、基本的に見積価格はどんどん増えていくことになります。
変更によってどの程度値段が変わるか注意しながら進めていくようにしなければ、後で大変な思いをすることになりかねません。

 

 

★ハウスメーカーの選び方

 

 

家づくりが成功するかどうかは、どの会社に家を建ててもらうかでほとんど決まってしまいます。しかしハウスメーカーだけに絞っても国内にはたくさんの会社があります。この中から自分にピッタリのハウスメーカーを見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

◯実物を見る
パンフレットやホームページで写真を見るのも良いですが、本物を見るのにこしたことはありません。
希望地域で建築可能な業者の中かから良さそうなところをいくつかピックアップしたら、実際の住宅を見に行きましょう。

 

住宅展示場のモデルハウスやショウルームなども良いですが、特におすすめなのは実際にお客さんが建てた家の見学会に参加することです。
お客さん耳せるためではなく実際に住むためにつくられた家なのでとても参考になります。部屋の広さや内装の雰囲気もつかみやすいです。

 

◯標準仕様の確認
ハウスメーカーの家づくりでよくある失敗に「思ったよりも自由度が低い」「オプションをつけたら高くなってしまった」というものがありますが、これらの失敗は標準仕様を確認し、よく見比べることで予防できます。

 

標準仕様の以外のものを使ったりオプションをつけたりすると値段が高くなってしまうため、できるだけ標準仕様の範囲内で満足できる家が建てられるハウスメーカーを選びましょう。多少ならオプションで対応するのも良いですが、オプションにさえ含まれないものを実現するのはかなり大変です。

 

標準仕様があうかどうか見極めるためには、事前に「どんな家を建てたいか」を明確にしておく必要があります。

 

◯保証内容の確認
せっかく保証が充実しているハウスメーカーを選ぶのですから、保証の内容や長さは大切です。

 

ハウスメーカーの保証期間は、長いものだと50年以上になるものがあります。ただ、保証の充実しているハウスメーカーほど高価格になりやすい傾向にあるので、ある程度は財布との相談が必要です。
費用については、30年までは定期点検も無料、それ以降は有料の点検やメンテナンスの実施で保証を延長するスタイルが多いです。

 

期間だけではなく、保証内容も確認しましょう。構造や防水など重要な部分の保証以外にも、設備の補償をつけているハウスメーカーもあります。

 

◯担当者の印象
注文住宅では何度も打ち合わせを行い、話し合いによって家をつくっていきます。何度も顔をあわせることになる相手ですから、相性は重要です。

 

印象の悪い相手との打ち合わせは嫌な気持ちにもなりますし、いらだちや不快感で正しい判断ができなくなる原因にもなります。良い家をつくるには良い担当者がかかせません。

 

会話が弾めばちょっとした話題から、自覚していなかった生活習慣や住宅への要望、新しい家に付け足すアイディアなどが見つかることもあります。

 

 

★2018年ハウスメーカーランキング

 

日本に数あるハウスメーカーから、オススメのものを販売数の多い準に紹介していきます。

 

◯積水ハウス
注文住宅事業売上高:3,831億円
年間着工数:13,294戸
坪単価:70〜80万円
オリコンランキング満足度:77.15点

 

CMや広告で馴染み深いトップクラスの知名度と規模を誇るハウスメーカー。豊富な実績と経験による信頼感は他の追随を許しません。

 

鉄骨住宅、木造住宅ともに取り扱っており、3階建てや4階建てなどの多層階住宅にも対応しています。家族構成や土地にあわせてピッタリの住宅が建築可能です。

 

保証が手厚いのも大手の魅力。積水ハウスでは引き渡し後も定期点検を行い、大切な住宅を守るサポートを行っています。保証期間は30年。

 

地震への備えも万端です。積水ハウスの住宅に使われている「シーカス」は揺れを軽減するのに加え建物の変形も予防。大地震の際も住宅の倒壊から家族を守ってくれます。

 

◯一条工務店
注文住宅事業売上高:3,440億円
年間着工数:12,495戸
坪単価:50〜80万円
オリコンランキング満足度:76.91点

 

「工務店」と名前にありますが全国展開している大手ハウスメーカーです。

 

テレビCMなどによる宣伝は行わず、住宅展示場などで実物を見せることに力を入れているハウスメーカーです。そのため、家づくりを考えている人とそうでない人の間で知名度にはやや開きがあります。

 

一条工務店の住宅は木造軸組工法や2×4などによる木造住宅です。
木造住宅でありながら、高気密高断熱の省エネ住宅を実現し、冬は暖かく夏は涼しい快適な住まいを提供しています。省エネ性能は業界トップクラスで、使い方次第では年間20万円も光熱費を抑えることも可能。初期費用0円で設置できる太陽光発電システムなど、環境に優しい暮らしを求める人にも人気があります。
好評な全床暖房システムは部屋ごとの温度差を軽減し、快適さだけでなく冬場のヒートショック予防にもつながります。

 

耐震性も高く、免震構造により阪神淡路大震災クラスの揺れにも耐える安全性を持っています。

 

◯セキスイハイム
注文住宅事業売上高:3,711億円
年間着工数:9,880戸
坪単価:65〜75万円
オリコンランキング満足度:76.31点

 

あったかハイムなどのCMが印象深い大手ハウスメーカーです。

 

セキスイハイムの住宅は大部分を工場で生産。箱状の部屋を組み立てて現場でブロックのように組み立ててゆきます。そのため、基礎工事か終わってから完成までは非常に早く、あっという間に家が建ちます。
工場の活用は工期の短縮だけでなく、品質の安定化や最新技術を導入しやすくなるなどのメリットにもつながります。
鉄骨造だけでなく、木造住宅の取り扱いもあります。

 

また、有名ハウスメーカーの住宅というと非常に高価なものというイメージがありますが、セキスイハイムでは2000万円台の「グランツーユーV」という比較的低価格のラインナップにも力を入れています。最近の技術と質の高い材料を使用したコストパフォーマンスの高い住宅です。

 

◯旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)
注文住宅事業売上高:4,100億円
年間着工数:9,760戸
坪単価:70〜80万円
オリコンランキング満足度:78.05点

 

住宅に安心を求める人に人気が高いのが旭化成ホームズの住宅です。

 

ヘーベルハウスの由来にもなるヘーベル版は軽量気泡コンクリートのこと。コンクリートと同じ高い防火性能を持ちながら非常に軽く、外壁に使用することで日が燃え移るのを防ぎます。ヘーベル版の耐火性能は阪神・淡路大震災でも発揮され、延焼を食い止めるのに役立ちました。
地震への備えにも力を入れており、高い耐震性により家族を災害から守ります。

 

保証の長さもヘーベルハウスが選ばれる理由の一つです。長期優良住宅など住宅の長寿命化が注目されるよりも前から、世代を超えて住むことのできるロングライフ住宅を目指していました。30年間の長期保証だけでなく、定期的なメンテナンス計画の作成により、住宅の寿命を60年まで伸ばせるようにサポートを行っています。

 

◯大和ハウス
注文住宅事業売上高:3,853億円
年間着工数:9,227戸
坪単価:55〜80万円
オリコンランキング満足度:76.3点

 

大和ハウスはトップクラスの知名度を誇る国内有数の住宅メーカーです。創業は1955年と歴史のあるハウスメーカーで、これまでに建てた数はなんと169万戸にもなります。住宅以外にも分譲などの建設も行っており、グループ会社の事業領域も幅広く、非常に力のある会社です。
保証も手厚く、保証期間はなんと60年という超長期間です。

 

一般的な2階建ての戸建住宅以外にも、3階建て〜5階建てといった多層階住宅の建築にも対応しています。3階建て以上の住宅は重さに耐えるために構造を丈夫にする必要があるのですが、マンション建築を行う大和ハウスであれば安心して任せられます。都心など住宅用地が限られている場合でも、十分なスペースのある住宅が建てられます。

 

◯タマホーム
注文住宅事業売上高:1,570億円
年間着工数:8,310戸
坪単価:40〜60万円
オリコンランキング満足度:72.39点

 

ローコスト住宅を取り扱うハウスメーカーの中で最も有名なのがこのタマホームです。
広告宣伝費を削減することの多いローコスト住宅の中では珍しくテレビCMなどをフル活用し、知名度とともに多くの顧客を獲得しています。特に子育て中の若い世代からの支持が多いです。

 

タマホームの魅力と言えばやはり価格の安さと質の両立。
坪単価は40万円台。1,000万円台で家を建てることができ、今まで注文住宅に手が出なかった人でも自分好みの家を手に入れられるようになりました。設備や建材をまとめて仕入れることでコストを抑え、低価格を実現しています。そのかわりローコスト住宅の例に漏れず、自由度はやや低めの傾向にあります。

 

価格は安いですが、品質はしっかり守られています。100年住める家を目指し、耐久性の高い素材や構造で、長く快適に住宅を使えるよう工夫されています。
◯住友林業
注文住宅事業売上高:4,492億円
年間着工数:7,864戸
坪単価:80〜90万円
オリコンランキング満足度:77.91点

 

木造住宅に強いアドバンテージを持つのがこの住友林業です。自社で森林経営も行っており、まさに木材のスペシャリストです。価格帯としてははやや高いものの、その値段に見合った高品質な住宅を提供しています。

 

鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて強度が低いというイメージのある木造住宅ですが、住友林業の採用しているビッグフレーム構法は、地震に強く設計の自由度が高いという特徴を持ちます。従来の木造軸組工法では実現し難かった広い空間をつくりやすく、開放的な設計が可能です。
強度や水への弱さから他の構造に比べて配慮が必要になりやすい木造ですが、豊富な実績と経験のある住友林業ならば顧客の様々な要望に答えるための十分な引き出しがあります。

 

◯ミサワホーム
注文住宅事業売上高:3,885億円
年間着工数:6,885戸
坪単価:60〜75万円
オリコンランキング満足度:75.79点

 

規格住宅の取り扱いが多いのがミサワホームの特徴です。
好きなように間取りや内装を決められるのが完全自由設計の魅力ですが、決めることがたくさんありすぎるのも大変です。強いこだわりや変わった設計を希望しているのでない限り、普通の家を建てるなら規格住宅で対応可能なことも多く、決定の負担やコストを抑えられる規格住宅は合理的です。
商品ラインナップから好みのものを選び、組合あわせていくだけなので、打ち合わせにかかる時間も短縮できます。
デザインへの評価も高く、グッドデザイン賞を20年以上受賞し続けています。

 

省エネ住宅への取り組みも意欲的に行っており、省エネと創エネにより住宅のエネルギー消費量をプラスマイナスゼロにするZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にも力を入れています。

 

◯パナソニックホームズ
注文住宅事業売上高:3596億円
年間着工数:5,090戸
坪単価70〜80:万円
オリコンランキング満足度:76.8点

 

パナソニックホームズというとピンとこないかもしれませんが、旧社名の「パナホーム」の名前に聞き覚えのある人は多いはずです。

 

軽量鉄骨の住宅から重量鉄骨造、木造住宅など幅広い住宅を取り扱っています。3階建て以上の多層階住宅も取り扱っており、戸建てとしては驚きの9階建ても可能です。様々な住宅ニーズに対応できるのは、培われた技術力の賜物です。

 

近年ではスマートハウスの開発に力を入れており、より便利で快適な暮らしができる住宅を提供しています。

 

◯アイフルホーム
注文住宅事業売上高:276億円
年間着工数:5,077戸
坪単価:40〜55万円
オリコンランキング満足度:73.45点

 

アイフルホームはLIXIL住宅研究所によるハウスメーカーです。1,000万円台から建築可能なローコスト住宅を取り扱っており、20代・30代からでもマイホームが持てる住宅づくりを行っています。
価格の秘密はグループの強みを活かした効率的な設備・建材の大量入荷。低価格かつ高品質な家づくりを可能にしています。また、フランチャイズ方式の採用により、人員コストを削減しつつ、より広い範囲で住宅を販売することができるようになりました。

 

メインターゲットは子育て中の若い世帯。子育てに向いた安心安全な家づくりも得意です。

 

ローコスト住宅ながら保証やサポートの体勢も充実。LIXILグループの一員であるため、会社倒産によるサポート中断の恐れもありません。

 

◯トヨタホーム
注文住宅事業売上高:867億円
年間着工数:4,810戸
坪単価:60〜70万円
オリコンランキング満足度:76.08点

 

自動車メーカーのトヨタグループによる注文住宅です。
母体の大きさからくる安心感と、高い技術力が特徴です。

 

保証は60年の長期保証。トヨタグループの一員ですから、60年先まで確実にアフターサービスが続くことが期待できるでしょう。

 

トヨタホームの住宅は家全体の空気を快適に保つ全館空調システム「スマート・エアーズ」により、室内の空気を常に新鮮に保つと同時に、冷暖房の効率を向上させることも可能にしています。
また、自動車製造によって長年培った金属加工の技術を活かし、サビに強い金物を生み出しています。

 

カーナビと連動可能なスマートハウスなど、トヨタならではの機能も特徴的です。

 

◯三井ホーム
注文住宅事業売上高:2601億円
年間着工数:3,162戸
坪単価:75〜90万円
オリコンランキング満足度:77.14点

 

高級感のある家づくりが評判の三井ホームの住宅。坪単価はやや高めの価格帯で、住宅の平均価格も3,000万円から4,000万円と高価であるものの、上品で高品質な家づくりは高い評価を得ています。

 

特にデザインに関する評価は高く、和風な住宅からおしゃれな洋風住宅、洗練されたモダンなデザインなど幅広い要望に応えることができます。デザインや建築に関しては社外の建築家やコーディネーターも関わっており、ワンランク上の上質な家づくりを行っています。

 

見た目だけでなく、機能性も充実しています。震度7の強い揺れに何度もさらされても耐える強い耐震性や、室内の空気を綺麗に保つ技術の導入など、安全で快適に生活するための環境を整えることができます。

 

◯サンヨーホームズ
注文住宅事業売上高:515億円
年間着工数:約2,000戸
坪単価:50〜60万円
オリコンランキング満足度:75.4点

 

サンヨーホームズは東京、大阪、福岡などで注文住宅などを扱っています。

 

サンヨーホームズはZEHなどの省エネ住宅の販売に力を入れており、高い断熱性と気密性で冷暖房の効率を上げ、太陽光発電による創エネで、消費するエネルギーの量を大幅に削減しています。
2017にはハウス・オブ・ジ・イヤーも受賞しており、その実力は高く評価されています。
耐久性も高く、高耐久の素材の仕様や、長期的なメンテナンス計画により、100年先まで済み続けることが可能だとされています。

 

機能性のみならず、デザインや内装、設備などの自由度も高く、自分好みで快適なマイホームを建てられます。

 

◯ユニバーサルホーム
注文住宅事業売上高:58億円
年間着工数:1,923戸
坪単価:40〜55万円
オリコンランキング満足度:73.63点

 

ユニバーサルホームは木造住宅を扱っているハウスメーカーです。フランチャイズ方式の採用により、品質の高さと手の届きやすい価格を両立しています。

 

ユニバーサルホームの特徴と言えば地熱床システムです。
地熱床システムは地中温度が空気の温度よりも変動しにくいことを活かしたシステムで、これにより冷暖房にかかるコストを抑えることができます。地熱床システムに床暖房を追加すれば、冬場を更に快適にすることが可能になります。
木造住宅というと外気温に影響されやすいというイメージですが、地熱床システムによりこの欠点を克服しています。
地熱床システムの導入は、土から湿気が住宅に伝わることも防止することにもつながるため、土台の腐食防止やシロアリ対策にも役立ちます。

 

◯レオハウス
注文住宅事業売上高:357億円
年間着工数:1,889戸
坪単価:25〜40万円
オリコンランキング満足度:74.33点

 

レオハウスはその価格から若い世代から高い支持を得ています。ローコスト住宅を扱うハウスメーカーの中でも特に手頃な価格で、購入者には子育てを始めた夫婦が多いです。

 

注文住宅の価格や相場、見積もりなどは分かりにくく、これが原因で失敗や後悔、トラブルに発展することは少なくありません。レオハウスではこの問題を解決するべく、住宅に詳しくない人でも分かりやすい見積もりを行っています。
オリコンのランキングでも、見積もりの正確さやコストの妥当性で最高評価を得ています。明確な価格設定により資金計画の失敗が少なく、安心して購入できます。

 

ローコスト住宅ではありますが、デザインや性能の高さも兼ね備えています。価格の割に自由度も高く、自分の好みにあわせたコーディネートが実現できます。

 

◯クレバリーホーム
注文住宅事業売上高:40億円
年間着工数:約1800戸
坪単価:30〜60万円
オリコンランキング満足度:74.21点

 

クレバリーホームはフランチャイズ方式で全国展開している木造住宅のハウスメーカーです。

 

特に人気が高いのは丈夫な外壁タイルを使用した商品です。タイル張りの外壁は美しく高い耐久性がある一方で、高価でなかなか手を出しにくいという欠点がありました。クレバリーホームでは外壁タイルをもっとたくさんの人が使えるようにコストカットを進め、低価格で高品質な住宅を実現しました。
タイルは丈夫なだけでなく汚れにも強いため、他の外壁材に比べてメンテナンスにお金がかかりません。家を建てる時だけでなく、その後のことも考えれば、決して高い買い物ではありません。
色やテクスチャのバリエーションも豊富で、和風の住宅にも対応できます。

 

◯住友不動産
注文住宅事業売上高:880億円
年間着工数:1,700戸
坪単価:50〜70万円
オリコンランキング満足度:点

 

住友不動産では注文住宅の他に、マンションや高層ビルの開発、土地の販売、賃貸事業など、幅広く不動産事業を行っています。様々な住宅事情に詳しいだけでなく、土地探しのサポートも完璧です。中宅の建築だけでなく土地探しを手伝うハウスメーカーは多いですが、やはり不動産会社の情報網と経験には勝てません。

 

外観のデザインはモダンで、スタイリッシュな佇まいは都市の町並みによく似合います。
設備も内装もグレードの高いものを標準仕様としており、落ち着いた品のある雰囲気は人気です。

 

住宅は会社の知名度やデザインに比べると比較的手の届きやすい価格帯で、手頃なマイホームから、高級感のある住まいまで幅広く対応可能です。

 

◯スウェーデンハウス
注文住宅事業売上高:353億円
年間着工数:約1,700戸
坪単価:60〜80万円
オリコンランキング満足度:79.64点

 

スウェーデンハウスは北欧スウェーデンの住宅をリスペクトした人気の高いハウスメーカーです。

 

北欧の厳しい冬に備えた住まいは、冬だけでなく夏場も快適に過ごすことができるようになります。
木の特性を活かした建築で、従来の木造軸組工法よりも高い気密性・断熱性を獲得しています。サッシは樹脂製よりも更に断熱性の高い木造サッシで、ガラス部分は空気の層が多いトリプルガラスを採用。窓から熱が出入りするのを防ぎます。
デザインも北欧の洗練されたスタイルをベースに、日本向けのアレンジを行い、見た目だけでなく使い勝手も考慮されています。
価格はやや高めですが、何十年とかかることになる冷暖房費を大きく節約することが可能になるため、長い目で見ればそれほど高いものではありません。

 

◯アキュラホーム
注文住宅事業売上高:380億円
年間着工数:1,664戸
坪単価:40〜50万円
オリコンランキング満足度:74.89点

 

アキュラホームは木造住宅の建築を行うローコスト系ハウスメーカーです。
低価格ながら省エネ住宅に力を入れており、太陽光発電システムなど高価に思える設備にも対応可能。木造では難しい広い空間を確保した「大空間の家」など、幅広い商品ラインナップも魅力です。近年特に重要視され始めた長寿命住宅にも積極的に取り組んでいます。

 

尖ったところのあるハウスメーカーではありませんが、価格と品質、バリエーションをバランスよく取り揃えており、様々な人が満足できるハウスメーカーです。

 

◯東急ホームズ
注文住宅事業売上高:263億円(リフォーム事業含む)
年間着工数:約1,300戸
坪単価:万円
オリコンランキング満足度:点

 

東急ホームズでは輸入住宅の販売を主に行っています。
人気の高い「ミルリーク」はアメリカの住宅スタイルを取り入れた住まいで、周囲の住宅とは一歩差をつけたおしゃれなマイホームを建てられます。一口にアメリカのスタイルといっても伝統あるニューネザーランド様式の住宅から落ち着いた雰囲気プレイリー様式のものまで選択肢の幅は広く、自分好みのものを見つけられます。
使用されている木材は無垢のため、ヤスリがけをしてニスを塗るだけで建築当初の美しさに戻せるメンテナンスのしやすさも魅力です。
また、子育てをしやすい家づくりにも取り組んでおり、第11回キッズデザイン賞でも高く評価されました。

 

◯大成建設ハウジング
注文住宅事業売上高:226億円
年間着工数:約1,000戸
坪単価:70〜85万円
オリコンランキング満足度:60点以上

 

大成建設ハウジングの住宅は少し珍しいコンクリート住宅。
木造住宅や軽量鉄骨、鉄骨造の住宅を取り扱うハウスメーカーは多くありますが、コンクリート造を扱っているメーカーは多くありません。

 

コンクリートの特徴はやはりその丈夫さ。火災に強く、積雪などの重みにも絶えます。地震にも強く、強い揺れにさらされた場合でも倒壊のリスクが低いです。
丈夫な構造を活かした多層階建築も対応可能で、3階建てや4階建ての住宅も建てられます。

 

また、コンクリートの住宅の多くは屋根が平ら。この特徴を活かした屋上のガーデニングや、アウトドアスペースとしての活用も行っています。

 

◯ヤマダ・エスバイエルホーム
注文住宅事業売上高:457億円
年間着工数:約1,000戸
坪単価:55〜65万円
オリコンランキング満足度:73.75点

 

ヤマダ・エスバイエルホームは完済で特に人気の高い木造住宅のハウスメーカーです。
木造住宅の欠点をカバーしつつ木材の良さを活かした建築が得意で、耐震性を高める構法の採用をしたり、結露を防止することで家の寿命を伸ばしたりしています。

 

ヤマダ・エスバイエルホームの住宅はデザインの評価も高いです。昔ながらの和風建築と現代の建築を融合させた「小堀の住まい」は特に高い評価を得ています。その他にも都市の風景にマッチするモダンでシンプルな住宅や、自由設計のものなど、幅広いラインナップも魅力です。

 

保証も30年間と長く、適切なメンテナンスを行えば長期間に渡って快適に暮らすことができるようになっています。

 

◯イノス
注文住宅事業売上高:121億円
年間着工数:約1,000戸
坪単価:40〜50万円
オリコンランキング満足度:77.91点

 

イノスグループは住友林業によるフランチャイズ方式のハウスメーカーです。
住友林業の持つネットワークと技術開発力と、加盟工務店の持つ地元とのつながりをあわせた家づくりによって、その地域の風土にあわせた高品質な木造住宅が完成します。
高品質な木材を使用しつつも加盟店方式の採用により、手頃な価格の住宅を全国で扱えるようになりました。

 

水や湿気に弱い木造住宅を長持ちさせるためには定期点検と適切なメンテナンスがかかせません。イノスでは引き渡しから10年目までに4回も点検を行うようスケジュールを組んでいます。早めに問題に気がつくことで被害を最小限に減らし、より住宅を長持ちさせられるようになります。

 

◯ブルースホーム
注文住宅事業売上高:3,999円(連結)
年間着工数:約1,000戸
坪単価:45〜60万円
オリコンランキング満足度:-点

 

ブルースホームは北米からの輸入住宅を取り扱っている住宅メーカーです。輸入住宅らしいおしゃれな広々とした住宅が評判です。高価なイメージの輸入住宅ですが、比較的手の届きやすい価格帯であることも人気の理由の一つです。
見た目だけでなく、機能性にも力を入れています。人に優しい天然由来の塗料を使ったり、フローリングに無垢材を使用していたりと、小さな子どものいる家庭でも安心して生活できます。また、24時間換気システムにより室内の空気を常に綺麗に保つことができます。従来の木造住宅よりも断熱性・気密性にも優れており、外気温に振り回されない快適な生活を実現できます。

 

◯ポラス
注文住宅事業売上高:1932億円(連結)
年間着工数:807戸
坪単価:40〜50万円
オリコンランキング満足度:60点以上

 

ポラスグループでは分譲住宅や賃貸マンション、注文住宅などを取り扱っています。
主に東京・埼玉・千葉で住宅を取り扱っており、規模と地元密着型の業者の両方の性質を持ち合わせています。
坪単価も安く、1,000万円台でマイホームを手に入れることもできるため、20代30代の若い世代からも支持を得ています。中には990万円からの商品もあり、コストを抑えたマイホーム購入が実現できます。

 

低価格ながら安全性も十分に確保されており、住宅を建築する前にコンピュータで耐震シミュレーションを行うなど、災害への備えもばっちりです。

 

◯藤木工務店
注文住宅事業売上高:351億円
年間着工数:800戸
坪単価:40〜50万円
オリコンランキング満足度:-点

 

藤木工務店の創業はなんと大正9年。非常に長い歴史を持っています。大阪を中心に営業しており、戸建住宅以外にも文化財の修復や病院の建築、美術館やホテルなど幅広く建築物を取り扱っています。

 

長い歴史のもとに蓄積された経験と技術力に基づく高品質な家づくりを得意としており、伝統的な数寄屋造りの日本建築から、モダンな外観の住宅まで様々なニーズに応えることができます。

 

確実に依頼者の思いに応えられるよう、綿密な打ち合わせを元に家づくりを行うため、完成後のギャップに悩まされる心配がありません。

 

◯木下工務店
注文住宅事業売上高:809億円
年間着工数:750戸
坪単価:40−75万円
オリコンランキング満足度:-点

 

60年以上の長い歴史を持つハウスメーカーで、丁寧で誠実な家づくりには定評があります。
実際の施行を下請けの工務店に依頼するハウスメーカーが多い中、自社の職人が直接施工する体制を続けています。これにより高品質の維持と他では難しい工事への対応を可能にしています。
木下工務店の住宅は完全自由設計なのも魅力。完全自由設計と謳っていても費用や技術面の問題で対応できないケースは珍しくありませんが、木下工務店では他では難しいと断られてしまうような設計にも柔軟に対応しています。間取りから内装、外装も自由に決めた、自分の理想の住まいを形にすることができるのです。
保証期間も50年と長期で、24時間対応のコールセンターも設けられているため、引き渡し後も安心して暮らしていくことができます。

 

◯細田工務店
注文住宅事業売上高:196億円
年間着工数:750戸
坪単価:50〜75万円
オリコンランキング満足度:-点

 

創業は昭和22年。歴史のある住宅メーカーで、高温多湿の日本の風土にあった、木造軸組工法による建築を得意としています。長年の実績と経験によるノウハウから、安定した品質の快適な住宅を提供しています。

 

従来の木造軸組工法は断熱性や気密性に問題があるとされてきましたが、断熱材の使用や様々な工夫により省エネ住宅を実現。更に木材が本来持つ調湿機能を活かし、快適な住空間を作り上げています。
また、地震への備えとして制震壁を採用。これによって耐震等級は最高ランクの3を獲得しています。
木材は他の素材に比べて熱にも強く、火事の際に熱が伝わったり日が燃え移ったりするのを遅らせ、避難するための時間を確保することにもつながります。

 

◯日本ハウスホールディングス
注文住宅事業売上高:459億円
年間着工数:734戸
坪単価:50〜65万円
オリコンランキング満足度:73.96点

 

日本ハウスホールディングスは全国で木造住宅を扱う建設会社で、以前は東日本ハウスという社名でした。

 

特に人気が高いのはヒノキをふんだんに使用した住宅です。ヒノキは耐久性が高く、防蟻効果も高い木材で、日本の木造住宅に最もマッチした木材です。ヒノキは神社仏閣などの建築にも多く使用されており、その耐久性はお墨付きです。
太い柱はしっかりと構造を支え、強い地震がおこっても耐えることができます。構造部分以外にもヒノキを使用するため、美しく香りの良いヒノキを堪能できます。

 

またメーターモジュールの採用により、間口や廊下が広くなっています。これにより、ゆとりある空間を作り出すと同時に、車椅子なども通りやすい十分な空間を確保。バリアフリーにも対応可能で、小さな子どもからお年寄りまで快適に生活できます。

 

◯富士住建
注文住宅事業売上高:203億円
年間着工数:710戸
坪単価:40〜50万円
オリコンランキング満足度:60点以上

 

富士住建は関東を中心にてご粉価格の住宅を取り扱っているハウスメーカーです。

 

富士住建最大の特徴は価格の分かりやすさ。
一般的な注文住宅は、標準仕様に変更やオプションを加えることで値段が上がっていきます。そのため、お気に入りの家にカスタマイズしていくうちに予算オーバーしてしまったという失敗をしてしまいやすいです。
富士住建の「完全フル装備の家」であればそうした過ちの心配はありません。高グレードのキッチンやエアコン、LEDの証明など、一般的にはオプション扱いになる設備が最初から標準仕様となっています。
早い段階から予算をつかみやすく、資金計画も練りやすいです。

 

低めの価格帯ながら自由度も高く、10年間の無料保証・4回の無料点検があるのも魅力です。

 

◯三菱地所ホーム
注文住宅事業売上高:271億円
年間着工数:650戸
坪単価:70〜80万円
オリコンランキング満足度:-点

 

完全自由設計の高品質な家づくりが特徴の三菱地所ホーム。
首都圏や関東などの都市部を中心に展開しており、ゼロからスタートできる自由な家づくりが行えます。

 

三菱地所ホームの特徴と言えばツーバイネクスト。木造住宅ではありますが、在来軸組工法に比べて高い耐震性と機密性を得られる特徴があります。更に「エアロック」というコンパクトな室内機の導入により、室内の温度を一括管理。冷暖房効率も向上させることができます。カビや花粉などを除去する機能もあるため、アレルギーのある人でも安心です。
保証期間は50年と非常に長く、長期間に渡るサポートにより安心した生活を送ることができます。

 

◯土屋ホーム
注文住宅事業売上高:248億円(連結)
年間着工数:644戸
坪単価:60〜70万円
オリコンランキング満足度:-点

 

土屋ホームは北海道に本社をおく住宅メーカーです。北海道の厳しい冬に備えた家づくりは、断熱性・気密性に優れ、季節問わず快適に過ごすことができます。

 

土屋ホームの住宅は木造住宅ですが、従来のように隙間が多く、外気温に左右されやすい構造ではありません。土屋ホームではBEST-T構法という独自構法を使用し、省エネルギーで自然に優しく経済的な家づくりを可能にしています。
家の外側から断熱材ですっぽり包む外断熱工法により、高い断熱性と気密性を獲得しています。床下の断熱も強化されているため、底冷えに悩まされることもありません。

 

◯アエラホーム
注文住宅事業売上高:150億円
年間着工数:500戸
坪単価:30〜50万円
オリコンランキング満足度:-点

 

アエラホームは50年以上の歴史を持つ住宅メーカーです。低価格な木造住宅は子育て世代からの支持が厚く、手が届きやすい価格帯ながら高断熱住宅を手に入れることができます。
アエラホームの断熱工法は、アルミ箔のようなもので建物全体を覆うというもの。家全体をカバーするため暖房の有無による建物内の温度差が発生しにくく快適です。また、壁の内側に断熱材を入れる方法とは違い、外壁の内側に結露がつきにくくなるため、シロアリや腐食から木材を守ることにも役立ちます。

 

人気の商品は「クラージュ」や「コスパス」。どちらも自由設計の住宅で、価格と自由度のコストパフォーマンスは非常に高いです。

 

◯菊池建設
注文住宅事業売上高:62億円
年間着工数:180戸
坪単価:40〜60万円
オリコンランキング満足度:-点

 

菊池建設は関東圏を中心に和風木造住宅を取り扱っています。
ヒノキをふんだんに使用した住宅が特徴で、耐久性が高くシロアリにも強いヒノキは日本で家を建てるのにピッタリです。何百年と残る古い木造建築の多くにも使われているほど、ヒノキは日本の風土に適した木材です。

 

菊池建設では神社仏閣の建築も手がけており、高い技術と豊富な経験、そして信頼があります。古くからの伝統を大切にしつつ、現代の生活様式にあわせたアレンジを加えています。伝統的な和風建築以外にも、カジュアルな雰囲気やモダンな雰囲気をミックスした和風建築も取り扱っています。

 

◯セルコホーム
注文住宅事業売上高:142億円
年間着工数:180戸
坪単価:50〜70万円
オリコンランキング満足度:60点以上

 

セルコホームはカナダからの輸入住宅を販売する住宅メーカーです。
冬の厳しいカナダの住宅は非常に断熱性に優れています。木造住宅ではありますが、2×4工法の採用により、在来軸組工法の欠点をカバー。断熱性・気密性を向上させるだけでなく、高い耐震性や耐火性も得ています。
また壁で支える2×4工法は広い空間をつくりやすいのも魅力。広々としたリビングなどの間取りも自由自在です。

 

輸入十楽らしいおしゃれなデザインもセルコホームが選ばれている理由の一つ。多国籍社会のカナダの住宅は様々な国の人の好みに応えられるようバリエーション豊富です。

 

◯三浦工務店
注文住宅事業売上高:126億円
年間着工数:約100戸
坪単価:30〜50万円
オリコンランキング満足度:-点

 

三浦工務店は東京、千葉や埼玉など首都圏を中心に建築物を取り扱っている建設会社です。
戸建住宅の他にマンションやオフィス、病院、商業施設、公共施設、寺社の建築など幅広い建築物を手がけています。新築以外にもリフォームや改修も行っており、50年以上の歴史によって積み重ねられた建物や住宅に関する知識と経験は豊富です。

 

戸建住宅でも木造だけでなく、鉄筋コンクリート造・鉄骨造も扱っており、様々なニーズに対応可能です。

 

デサインは都市らしい洗練されたシルエットが特徴で、戸建住宅や集合住宅でグッドデザイン賞を何度も受賞しています。

 

◯穴吹工務店
注文住宅事業売上高:403億円
年間着工数:57戸
坪単価:30〜50万円
オリコンランキング満足度:-点

 

穴吹工務店は香川に本社をおく不動産会社です。マンション事業を中心に業績を伸ばした会社で、現在は大京グループの一員です。
マンション開発や不動産事業、分譲住宅の他に注文住宅も取り扱っており、安定した品質の住宅が比較的低価格で手に入ると評判です。

 

不動産事情にも詳しく、土地探しのサポートも万全。暮らしや生活にあわせた良い土地を紹介してもらえます。分譲住宅の取り扱いもあるため、注文住宅か分譲住宅か悩んでいる人の相談にも乗ることができます。

 

保証期間は10年。無料点検の計画もあり、安心して長く住み続けることができます。更に、いつでも電話相談できるコールセンターも用意されています。

 

◯フジ住宅
注文住宅事業売上高:5億円
年間着工数:23戸
坪単価:50〜60万円
オリコンランキング満足度:-点

 

フジ住宅は大阪に本社のある住宅会社です。注文住宅の他に分譲住宅や中古住宅、賃貸管理などを行っています。特に大阪での知名度や人気が高く、地元で愛されているハウスメーカーです。

 

地震に強い家づくりを行っており、耐震等級は最高レベルの3です。構造の強度を高めるだけでなく、制震システムの導入により、大きな揺れから家族と家財を守ります。
近年話題になったPM2.5対策も特徴です。炭とPM2.5対応フィルターにより、家に入る空気をクリーンに。炭の調湿効果によりカビやダニの発生を予防し、アレルギーのある人でも快適に生活できます。

 

補償制度も充実。10年以内であれば一つの事故につき最高5000万円までの補償があるため、万が一の事態があっても安心です。